リスニングパワー

リスニングパワー我が家に届く。

スコットペリーさんのリスニングパワーが届きました^^;
CD2枚とテキスト一冊・・・。

リスニングパワーの画像1

スコットペリーさんは英会話の世界では、ちょっと有名ですし・・・どんな英語教材なんだろう・・・楽しみダナ。
これから、リスニングパワーを頑張ってやっていこうと思います♪

具体的な内容-1~概要~

リスニングパワーは、基本的にその名の通り、リスニングにかなり特化している英会話教材だという印象ですね。
CDを聴いていくと・・・
CDNO1では日本での平均的な英語の速さである90語/分のスピードで教材は進行していく。
日本語での解説も交えつつ、きっちりとネイティブの発音を練習させてくれる。
スピードラーニングなどのように、英語が流れ・・日本語が流れ・・・聞き流していると・・なんとなく英語が・・・

リスニングパワーレビュー1

というよりは、きっちり、ネイティブの発音がどうで・・・日本人英語だとこうで・・・みたいなところまで基礎からきっちりとやってくれている

日常会話を適当に段々・・・というのであればここまでは必要ないのかもしれないけど・・・何事も基礎が大事だっていいますしね。

反面、Toeicなどで、一定の壁を超えることができず、きっちりネイティブレベルの聞き分けをばっちりマスターして、さらに点数を上げたいと言う人にはお勧めの英会話教材だと思う。

CDNO2では、NO1での基礎力をもとに、ネイティブによる社交の場での平均的スピード330~450語/分のスピードでレッスンが展開されていく。

単語、語彙、フレーズなども、無駄に詰め込み過ぎ・・・ということはなく段階的に、それなりに学ばせてくる・・・。
詳細はコチラリスニングパワー公式サイト

具体的な内容-2~語彙・単語について~

語彙・単語については、それほどびっしり・・・ということはないですね。
むしろ、基本的な、日本人がつまずきそうな発音の語彙・単語を優先的に使用して、リスニングのレベルアップを優先させているような感じですね。

リスニングパワーレビュー2

つまづきを徹底的に解消することが、Toeicなどでは、ムダな猛勉強より効率的だったりしますからね。

具体的な内容-3~リスニング(聴き取り)について~

リスニングパワーは、リスニングに関しては、その名の通り、相当力をいれている・・・というか、完全に近いくらいリスニングに特化してますね。

アルファベット文字の発音から難しい音まで、聴き分けるプログラムがラインナップされている。

ロゼッタストーンなども聞き分けの練習はあるけど、ここまで細かくすることは無いように思う。

日常会話なら、多少聞き分けられなくても何とかなる場合もあるかもしれませんが、Toeicなど試験の場合は、あえて、こういう聞き分けができるかどうかを試すような問題もありますから、ここを抑えることができているかなぁなぁで済ましているかで点数に大きな違いが出ますからね。試験英語としては要チェックの英会話教材といえるでしょう。

リスニングパワーレビュー3

また、リスニングパワーのウリというか特徴に、CDに英会話レッスンだけでなく、様々な周波数も収録されているということがある。

CDでレッスンが進む中、ところどころで様々な周波数が流れてきて・・・これが、英語脳にするには良いらしいのだ。

実際に聴いてみると・・・なんというか・・・脳がリセットされるような・・・直接感覚に訴えてくるような・・・そんな音で・・・

すぐにはその効果はなんともわからないけど、(日本人には)難しい英語の発音をマスターするのに、何か役に立っているような・・・そんな気はします。

これは是非試してみてほしいですね。

具体的な内容-4~スピーキング(発音)について~

話せるようになるにはまずはリスニングが大事ですから、貢献しているとはいえると思います。また、リスニングの基礎がばっちりできるようになるわけなので、発音は相当良いものになるでしょうね。

リスニングパワーレビュー4

ただ、ロゼッタストーンと比較すると、ロゼッタストーンは会話力・・・質問されて、答える・・・というような対話的アクションに関する訓練もできますが、リスニングパワーはそこに関しては、ノータッチに近いので、この教材を頑張るだけで、口から勝手に英語が・・・ などということはないと思います。
詳細はコチラリスニングパワー公式サイト

具体的な内容-5~文法について~

これまで書いてきましたが、リスニングパワーはリスニングに特化している英会話教材なので・・・まぁ、それなり・・・と言ったところですね。

この英会話教材で、文法を教えます・・・と言う感じではないですね。
ある程度英語の文法を把握した上で利用するには、良いと思いますが、中学、高校と英語を完全に拒否していたような人は、ほかの英会話教材も併用しないと厳しいかもしれません。

リスニングパワーレビュー5

ま、そういう人には、ホント、いろんなところで進めてしまってますけど、ロゼッタストーンが良いと思いますね。

ロゼッタストーンも別に文法に超詳しく手取り足取り・・と言う教材というわけではないかもしれませんが、英語に全く自信のない人が(感覚的に)とりあえず日常会話を・・・というのには適していると思うので・・・。

Toeicなどで高得点を目指すなら、そういう人はやはり文法に詳しい教材も併用する必要があるかもしれませんね。

具体的な内容-6~実践力~

実践力というと・・・どうなのだろう・・・
リスニングの底上げ・・・というのを主な目的とした英会話教材のように思うので・・・。

リスニングパワーレビュー6

総合的に・・・と言う面で見ると・・・これだけじゃちょっと・・・って感じはしますね。

例えば、ロゼッタストーンだったら、リスニングもスピーキングもバランス良く、段階的に、感覚的に総合的にゼロから力をつけるというものだけど・・・。

リスニングパワーは、リスニング以外はほとんどタッチしないような教材なので・・・。
ある程度英語の勉強をしてきて、伸び悩んでいる人、Toeicなどの試験で高得点を狙おうとする人が、もう一度リスニングを一から学びなおしたい・・・
というような人に一番向いている教材のように思います。

だから、この英会話教材一つで、日常会話を・・・というと・・・難しいように思います。

ただ、リスニングパワーをすることが、英語上達の近道であることは間違いないと思います。
written by モエ
リスニングパワーレビュー7 リスニングパワーレビュー8
詳細はコチラリスニングパワー公式サイト

サブコンテンツ

このページの先頭へ