「2013年4月」の記事一覧

英語学習継続のコツ

日本語と別の言語を同じように使う家庭環境で育った場合を別にすれば、基本的に外国語を習得するためにはものすごく大量のエネルギーを注ぐことと、やり遂げようという強い意志が求められることには誰も異論を挟むことはないでしょう。三・・・

一貫性のない学習だけど継続

<翻訳者編-7> CAMBRIDGE UNIVERSITY PRESSの初級者向け英文法テキストを一通り終えることが出来ました。ですが、完全にマスターしたわけではないので、英文法への不安は相変わらずです。記憶がきちんと定・・・

使わないとすぐ忘れてしまう英文法

<翻訳者編-6> 英文法に自信がなく英訳文書の納品後も何となく後ろめたさを感じていた私が始めたのが初級向けの英文法テキストでした。 イギリスの大学の出版部門が出しているこのテキストはもちろんすべて英語で書かれています。例・・・

実は英文法が今でも苦手

<翻訳者編-5> 会話というのは結構英文法を手抜きしても何とかコミュニケーションが成り立ってしまうものですが、相手に何かを文章で伝えようとするとそうはいきません。英文法が適当だとまるで骨格の無い生物みたいになってしまいま・・・

英語を日本語へ頭の中で変換する作業

<翻訳者編-4> 翻訳の仕事を始めて、特に英訳作業を受注した時に痛感したのは英文法の知識不足でした。 市場調査のアンケートでは選択肢の中から一つあるいはあてはまるものを全て番号で選ぶとかいう質問が多いのですが、中には「あ・・・

生きた英語を全世界から: インターネットの活用

大学に入るまで、というか東京に出てくるまでネイティブの英語に接する機会はすごく少なかったです。ティーチングアシスタントとしてわずかな期間にイギリス人の先生が高校にいらしたけれど、それ以外はネイティブスピーカーの話を生で聴・・・

侮れないラジオの「基礎英語1」

自分の子どもが小学校5年生になった時に、テキストを購入してNHKラジオ2の「基礎英語1」を朝一緒に聴き始めました。もちろん最初は子どものため、と思っていたのですが、実際にレッスンが進んでいくにつれ子どもはもう飽きてきてむ・・・

英文解釈は大学受験まで英語学習の重要なパーツ

<翻訳者編-3> 中学生の英語でも必ずテスト問題になる英文和訳(英語学習的には「英文解釈」でしょうか?)。最近の事情はよく知りませんが、まだ英文解釈は大学受験まで英語学習の重要なパーツになっているのではないでしょうか。 ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ