英語アプリってどうなの?

最近は、スマートフォンの登場で、英語学習の形も変わってきつつあるという雰囲気を感じますね。
私自身も、スマートフォンでできる英語学習のアプリをたまにやったりしてはいます(笑)
ということで、今日は、英語アプリについて考えてみようかなぁと思います。

英語アプリだけで英語を話せるようになるのか??

というのが最も気になるところではないでしょうか?

私自身、複数の英語アプリをやっていますが、英語アプリだけで英語を話せるようにはなりにくいのではないのかなぁと思います。

英語アプリって無料であったり、あるいは安かったりして、手軽で良いのですが、ユーザーの側も、英語学習の補助的ツールとして英語アプリをとらえている面があると思うんですよね。

だから、本当のところはわかりませんけど、開発者側も、それなりに良いアプリであれば良いだろうという領域であるというか・・・。

ロゼッタストーンをはじめとするそれなりのお金を払わないと手にすることができない英会話教材は、英語話せるようにするということに関する本気度が違うし、完成度も違うように思います。
管理人モエ(英語見習い)
勿論、それなりのお金を払うわけなので、購入する側を頑張って続けようとしますしね。

また、販売者側からしても、それなりのお金をいただくのだから、それ相応の効果を与えないといけないという心構えで商品を提供しているということもあるでしょう。

英語アプリが悪いというわけではないのですけどね・・。楽しくやらせてもらっていますし。

ただ、英語アプリは、英会話習得のツールとしては、主役ではなく、脇役・・・補助的な位置づけなのではないかなぁと思うわけです。

written by 英語見習い

サブコンテンツ

このページの先頭へ