英語を話せないと決めつけない

英会話能力を高める上で最も大事なことに英語を話せないと決めつけてはいけない。
ということがありますよね。

日本人は、今では小学校から、少し前であっても中学校から英語の授業があり、誰でもある程度は英語を勉強した経験があるわけです。

自己紹介を英語でできない日本人はほとんどいませんよね。

自己紹介をできるというだけでも、英語が話せるの範疇ですよね。

全く英語ができないという範疇には当てはまらないと思います。

だけど、日本人の多くは、学校を卒業して、社会人になり、英語を活用する機会がない日常を繰り返すようになると、少しづつ、自分は英語を話すことができないと殻に閉じこもるようになりますよね。

英語ができないと決めつけているから、洋楽の歌詞の意味ははなから理解できないと判断してしまいますし、テレビを見ていても、翻訳がついているのに完全に慣れてしまって、英語には全く注目しなくなります。

だけど、殻に閉じこもることなく、英語に触れあう場面で積極的に英語自体に興味を持ち理解しようとすると、随分と英語力が上がってきます。

テレビ、映画、洋楽、インターネット・・などなど英語がわからなくてもある程度楽しめることも多いですが、遊び、仕事を問わず、英語に触れていることって実はかなり多いのです。

その時その時で英語を積極的に理解しようとするのとしないのと・・・これは差が出てきて当然かもしれません。

「私が英語が話せます」
と自分でいう人はたくさんいますが、そのレベルはまちまちです

英語が話せる、話せないというのには明確な定義もありませんし、線引きもされていません。

管理人モエ(英語見習い)

ですから、日本人は基本皆英語が話せるというのが前提にあり、そのレベルがどうなのか?ということなのです。

そういう風に捉えると、英語に拒否反応を示すことなく自然に英語を理解しようという風に思えてきませんか?

英語・・難しいなどと考えないで・・・だって、英語圏じゃ英語を話せない人がいないわけで・・要は誰でも話せるようになるものなんですから。

楽しんで積極的に英語に触れていきましょう。

英会話教材などを買って、さぁ今から英語を頑張ろうというより(勿論頑張るのもある程度は大事だと思いますが)、常日頃英語に拒否感なく自然に触れているという状態を創るための心構えの方が大事なように思いますね。

written by 英語見習い

サブコンテンツ

このページの先頭へ