侮れないラジオの「基礎英語1」

自分の子どもが小学校5年生になった時に、テキストを購入してNHKラジオ2の「基礎英語1」を朝一緒に聴き始めました。もちろん最初は子どものため、と思っていたのですが、実際にレッスンが進んでいくにつれ子どもはもう飽きてきてむしろ真剣に聴いているのは私の方、という状況になってきました。

「基礎英語1」は侮れません。昔と違って「基礎英語1」は初めて英語に触れる子どもや大人をオーディエンスにしていないのです。今は小学校でも英語の授業をやっていますし、「基礎英語1」前のレベル向け(主に初めて英語に接する小学生低学年でしょうか?)の別番組があるくらいですから。

「基礎英語1」では最初こそ確かに基本的なあいさつなど出てきますがそれは小学校英語の復習パート、あっという間にかなり本格的な会話表現が出てきます。私が知らない単語や表現も結構あるのでかえって私が危機感を抱いてしまいました。「何でこんなことでも私は知らないんだろう?」とショックを受けることもしばしば。

こんな具合ですから「基礎英語2」ともなれば自分の英語力の(メインテナンスではなく)ブラッシュアップに役立つ情報が満載です。私の場合後で復習しようとその時に思ってもすぐ忘れてしまうので、聴いたそばから出来るだけ声に出してリピートしたり、スキットを聴きながらシャドーイング(耳に入ってくる英語をそのまますぐ繰り返す訓練)をしていました。

その延長で今度は朝視聴出来るテレビの語学番組も時間がある時は観るようになりました。家事をしながらなので集中して聴くわけでもなくこちらはテキストもわざわざ購入しませんが、それでも何か新しい情報は必ずあるので何らかの収穫はあります。
非まじめっ子
子どもの当校時間が早いのでそれに合わせて朝食の準備もありますが、早い時間から仕事をスタートするために朝の家事は6:30くらいを目処に終わりにさせたいものです。そんなわけでバタバタしながらのラジオやテレビの利用なのでかなりいい加減。あまり人にお勧めできる方法ではありませんが、完璧主義でない人だったらかえって「まったく何もしないよりはまし」と割り切って続けやすいかもしれませんね。視聴しながら気になった表現などメモしていくだけでもかなり違うんじゃないでしょうか?

前述のラジオの語学番組ですが、子どもが全く関心を示さなくなったのでテキストの購入もストップし現在はリスナーではありません。英語の学習は動機づけがあった時に自発的に取り組むのが一番効率的なので、本人にやる気がなければ無理強いしても効果はありませんし、親にとっても余計なストレスが増えるだけだと思っています。

本当にしょうもない母親なのですが、子どもの英語力をつけることよりむしろ自分の英語力アップが早急の課題です。仕事がかかってますから。中学生の頃からいろいろ教材を試しどれも長続きしなかったので今別の英会話教材で試しても同じでしょう。どうしたら持続可能な英語学習が出来るのかと未だにトライアンドエラーの日々です。

written by 非まじめっ子

サブコンテンツ

このページの先頭へ