発音大学は、発音を噛み砕いて勉強できる。

発音大学我が家に届く。

スコットペリーさんの発音大学が届きました^^;
DVD3枚とテキスト一冊・・・。
発音大学の画像1 発音大学の画像2

発音大学の画像3 発音大学の画像4
発音大学は、CDじゃなくてDVDなので、視覚でも学ばせてくれますね・・・。どんな英会話教材なのか楽しみ・・・。 明日から早速やってみようと思います。

具体的な内容-1~概要~

発音大学は、日本人には難しいとされる英語の発音について細かく分析、解析してくれていて、それを、DVDでは実際の口の動きの動画、音声を交えて練習させてくれる

ネイティブの発音を身につけるには、聞くだけの英語教材では中々難しいですからね。

この教材は、そういう意味では、ネイティブの発音をマスターする・・・ということに関しては数ある聞くだけのものよりも優れていると言っても間違いではないと思います。
発音大学のレビュー1 発音大学のレビュー2
教材自体もかなりきっちりと作りこまれていますし、良い英会話教材だと思います。

ま、難点・・・というべきなのか??観光旅行に行く前に、ある程度の英語力を一つの教材のみで短期間でさらさらっとうわべだけをなぞる形で身に着けたい・・と考えている人には、この教材は向いていないでしょうね。

ま、目的とか、焦点を当てているスポットが違いますからね。
そういう人には、網野智世子さんの英語教材やEVERYDAY ENGLISH PHRASESの方がよいでしょう。

具体的な内容-2~語彙・単語について~

単語は、それほどたくさん出てくるというわけではないですね。基本、発音を教えるための英会話教材ですから・・・。
語彙、単語に関しては、

あらかじめそれなりに勉強されていて、もう説明するまでもないだろう・・・

とか

ここで出てくる単語は基本的なものだから、自分で他で勉強してね・・・

とかそういう感じのスタンスのように思います。

具体的な内容-3~リスニング(聴き取り)について~

基本的には、発音の英会話教材ですが、多少は、リスニングにありがたい内容も含まれていますね。

発音を学ぶ際に、リスニングも避けては通れないから、発音を学んでいると、それなりにリスニングの基礎が学べてしまうということ、教材内に、日常にありがちなシチュエーションを慣用句を交えて聞き取りの練習をさせてくれるプログラムも入っている
発音大学のレビュー3 発音大学のレビュー4
慣用句は、学ぶ好奇心を奮い立たせてくれるというか楽しく興味深く取り組めるので、個人的には好きですね。

具体的な内容-4~スピーキング(発音)について~

発音に関しては、これが主目的というだけあって、この教材をしっかりやれば、発音はネイティブ・・・といっても過言ではないでしょう。
発音大学のレビュー5 発音大学のレビュー6
ただ、この英会話教材は、総合的にバランスの取れているものであるというわけではなく、ネイティブの発音をこの教材で手に入れたとしても、そのほかある程度の文法力とか対話力というのは、必要となりますので・・・その辺は購入前に誤解の無いようにされた方が良いと思います。

具体的な内容-6~実践力~

ネイティブな発音を身に着ける・・・という面では、実践力があると言ってもよいのかもしれませんけど、この教材だけで総合的に英語でコミニュケーションがとれるようになるかと言えばそれはNoではないかと思います。

一から英語を学ぶ人であれば、単語力、文法力、対話力・・・などが不十分かなと・・・そういう風には思いますです。
発音大学のレビュー7 発音大学のレビュー8

発音大学のレビュー9 発音大学のレビュー10
そういう人には、ロゼッタストーンがバランスの良く日常会話レベルから学べるので良いと思います。

ま、ネイティブの発音を身に着けたい・・・などという風に考えるようになるのは、ある程度英語を勉強してきた人ですから、この教材自体がとっつきやすいとはいえ、上級者向けの英会話教材と言えるのかもしれませんね。

発音大学(公式サイト)

written by モエ

サブコンテンツ

このページの先頭へ