洋画を英語教材に

映画と言えば、娯楽の一つですが、事自分磨きにおいても、それなりに有意義であることも多いですよね。

映画を見ることで前向きに頑張ろうという気持ちにさせてもらえたり
映画を通じて、取り上げられていたジャンルについての知識が深まったり
ストレス解消になったり

などあると思います。

今回は、映画(洋画)鑑賞を通じての、英語力アップの方法について書いてみようと思います。

洋画を見て英語力アップと言われて思いつくことと言えば字幕版の洋画を字幕無しで頑張って理解しようとする・・ではないでしょうか?

だけど、それだと英語力が低い場合、折角の映画が楽しめないこともあるかと思います。

ですから、私が実践しているのは、

まず、洋画を映画館で吹き替えでも字幕でも良いので普通に楽しんで、その後、DVDレンタルが開始されたらその時は、字幕版を借りて字幕を見ないで洋画を楽しむという方法です。

これだと、1回目の映画館での映画鑑賞である程度ストーリーやセリフを把握しているので、2回目のDVD鑑賞においても、それなりにストーリーを楽しむことができます。

実際、セリフ等はかなり把握できてしまっているので、その内容の把握と、俳優さんたちの動き、話す英語が良い具合に頭に入ってきて、脳をしっかりと使って英語力アップになっているなぁって感じることができます。

ただ、日常英会話の最短距離の向上ということを考えると、やはり、そういうシチュエーションを想定して学ばせてくれるロゼッタストーンなどの英会話教材の方が良いといえば良いのでしょうけど、それと併用してこういう取組みも絡めていくと更に英語力が向上すると思います。

管理人モエ(英語見習い)

この洋画を英語教材にという取組において、より日常英会話の最短距離の向上ということを考えますと、難しい推理系の洋画や実際にありえないようなシチュエーションのアクション映画などよりも、ヒューマンドラマのようなものの方が向いているような気がしますね。

私は、ビバリーヒルズ高校白書が大好きなので、それを何度も見ています。
ビバリーヒルズ高校白書は、よくある日常の会話が満載ですし、ネイティブならではの言い回しであるとかジェスチャーも学べますから最高です。

ビバリーヒルズ高校白書は私にとっては内容を知ってしまえば終わりというものではなく、その世界観が好きなので、何回見ても飽きないというのも大きいです。

何度も何度も見ていますから、英語力アップにかなり貢献してくれているんじゃないかなぁ?

written by 英語見習い

サブコンテンツ

このページの先頭へ